ぎっくり腰 甲状腺眼症 椎間板ヘルニアの鍼灸治験

臨床例

1.○本○子。女性、1953年生、61歳

初診、2015.5.4(月)18:00 (二の気)

主訴、腰痛(所謂ぎっくり腰)

問診、朝、車庫のシャッターを開けようとしたらそのまま腰が動かなくなって

しまい、腰が真っ直ぐ伸びない。今まで腰痛というものは全くなかった。

既往歴もなく、ストレッチを自己流で週三回、月に一度10キロ歩く等

健康にも気を使って生活している。

 

診察しようにも、仰向けになることが出来ず、ベッドの上で左下にして横に

なっているのが精一杯。

 

治療、腎の病症として治療。

少衝(-)、内庭(-)、太白(-)、通谷(-)、湧泉(G)~然谷(S)、太谿(G)~飛陽(S)、豊隆(全部右だけ)

うつ伏せで患部に施灸(灸点紙) 終了。

「次はいつ来たらよいか?」というので、三日ぐらい様子をみてから、

連絡して下さい、と言って帰した。

経過、5.9(土)に二回目の来院。治療後三日目(5.7)には全快したとのこと。この日はハイヒールを履いて来た。

 

2.○里○子。女性、1941年生、74歳

初診、2015.7.27(月)10:00(四の気)

主訴、甲状腺眼症

症状、甲状腺ホルモンの異常により、眼の周りの筋肉が硬くなり動きが悪くなる。眼球は左右には動くが、右目の上下の動きが悪い。その為に物が二重に見えて困っている。

 

治療、肝の病症として治療。

隠白(-)、三間(-)、経渠(-)、足臨泣(-)、行間(G)~太衝(S)、

太衝(G)~光明(S)、条口(両側)

章門(+)、肺兪(+)、肝兪(+)、右手中指の大骨空に施灸。

経過、発病して半年以上経っているので、長期の治療が必要であり、慌てて毎日治療しても簡単に良くなる病気ではないので、週一回のペースで三ヵ月から半年治療して様子をみましょうということで、治療を始めた。

ところが、三回目の治療が終わった時点で今まで二つに見えていた物が、

一つになったというのです。こんな難病が三回の治療でそんなに簡単に目が動くようになるのかと思い、驚いているところです。

確認するとわずかではありますが、右目が上の方に動くようになっていました。引き続き治療を継続中です。

 

3.○藤○志。男性、1988年生、26歳

初診、2015、9.11(金)11:15(四の気)

主訴、腰痛(椎間板ヘルニア、第5腰椎)

症状、左足のふくらはぎから小指までの痺れ。

農業を生業とし、普段から腰には無理をかけている。昨年秋より腰痛を発症したが、そのまま仕事をしていた。そして今年の7月、村のお祭りがあり、その準備中に重い物を持ち上げた拍子に動けなくなってしまった。病院で診察の結果、椎間板ヘルニアと診断され、安静の指示とシップ薬をもらい、現在に至る。動くと腰が痛いので仕事を休んで実家で養生している。

 

治療、診察の結果、厥陰心包の病症とみて治療

隠白(-)、陽池(-)、間使(-)、三間(-)、中衝(G)~大陵(S)、

膀胱経の痺れを取るのに、腎経を使う(病が慢性化して長い為)。

湧泉(G)~復留(S)、患部に施灸。

経過、来院時は足を引きずっていたが、帰る時、引きずりは消失していた。

週一の治療を四回やって完治した、期間は三週間。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です